We believe in the potentials of microRNAs

我々は活性型マイクロRNAの探索を通じて再生医療と希少疾患等の創薬シードの発見に貢献します。

NEWS

ニュース

2021年
2021年04月05日 日経バイオテクにJCRファーマ株式会社との共同研究に関する記事が掲載されました。
掲載記事へのリンクはこちら(有料記事です)

2021年04月01日 JCRファーマ株式会社と共同研究契約を締結しました。プレスリリース
 

2020年

2020年09月15日 Startup Guide Japanで弊社が紹介されました。

2020年09月12日 薬剤耐性遺伝子mRNA製品を拡充しました。
2020年09月08日 令和2年度戦略的基盤技術高度化支援事業に繰り上げ採択されました。

TECHNOLOGY・SERVICE

基盤技術・事業内容

img20200708171927182994.png RNAスイッチ技術とは? img20200616113126068449.png 心筋細胞選別用RNAスイッチの
製造・販売
new_pitch_presentation_kh20200204.png 各種RNAスイッチのカスタム製造 screening.png RNAスイッチライブラリーを用いた
活性型miRスクリーニング
プラットフォームの提供

COMPANY & TEAM

会社紹介・チーム

 

我々は京都大学発のベンチャー企業です。

京都大学iPS研究所・齊藤博英教授らが発明したRNAスイッチの技術を再生医療や新薬創出に活用するために2018年4月に株式会社aceRNA Technologiesを設立しました。aceRNAにはRNAスイッチがace(エース)のような切り札的デバイスになりますようにという願いと共に「焦るな」という意味も込められています。我々は企業としてのスピード感を持ちつつも焦らずに強固な技術基盤の構築を目指します。

 
 
 

創業者 & チーム構成

株式会社aceRNA Technologiesは技術開発者の京都大学iPS研究所・齊藤博英教授をはじめ、大手製薬会社での経験とベンチャーキャピタルでの経験を併せ持つ代表取締役の進照夫氏と社外取締役の八木信宏氏(KYOTO-iCAP)の3名で創業されました。現在は代表取締役の他、経営管理部、経営戦略部、研究開発部の各部長と研究開発部・研究員3名、外部アドバイザーの体制で事業を展開しています。