事業内容

HOME | 事業内容

OUR TECHNOLOGY, SERVICE & PRODUCTS

基盤技術・製品紹介



弊社は京都大学iPS研究所・副所長の齊藤博英教授らが発明した「RNAスイッチ」を基盤技術とした会社です。「RNAスイッチ」技術を活用することで、マイクロRNA(以下miR)の細胞内での活性化の状態を細胞が生きたまま可視化できるRNAデバイスを用いて創薬シード探索プラットフォームを構築することを目指しています。また、再生医療分野では、ガン化等のリスクがある未分化状態の細胞やその他の不要な細胞の除去にRNAスイッチを応用することができます。

RNAスイッチとは?

「RNAスイッチ」は、合成されたメッセンジャーRNA(以下、mRNA)で主に2つの機能的配列を有しています。一つは細胞内に存在し、生命現象の様々な作用機序を制御すると言われているmiRNAに対する相補的配列で、その下流に蛍光タンパク質やアポトーシス誘導遺伝子等のレポーターもしくは作用遺伝子の配列が挿入されています。よって、RNAスイッチを細胞に導入することでmiRNAの活性化状態を検知して、蛍光タンパク質を用いて可視化したり、アポトーシスを誘導したりすることができます。

 

心筋細胞選別用RNAスイッチの製造・販売

CM Purifierは心筋細胞特異的なmiRNAを認識する配列とアポトーシス誘導遺伝子配列を含むRNAスイッチです。Puromycin耐性遺伝子のmRNAと合わせて使用することで、非心筋細胞と核酸未導入の細胞を除去し心筋を純化することができます。抗体・FACS不要です!

 

各種RNAスイッチのカスタム製造

miRBase(version 22.1)に掲載されているヒトmiRNAに対応するmiRNA相補配列とお好みのレポーター・作用遺伝子を含むRNAスイッチをカスタム製造いたします。

 

RNAスイッチライブラリーを用いた疾患特異的miRNAの探索プラットフォーム

弊社ではmiRBase (version 22.1)にリストされているヒトmiRNAから重複する配列を取り除いた約2650種類のmiRNAに対応する蛍光レポーター型RNAスイッチライブラリーを作製しました。このライブラリーを用いてハイスループットスクリーニングを行うことで、既存のヒトmiRNA全ての活性化状態を網羅的に解析できます。我々はこのプラットフォームを創薬シード探索に活用することを目指しています。

 

NEW! 薬剤耐性遺伝子mRNAシリーズ

弊社のRNAスイッチや他社のsiRNAやCas9 mRNA等と共に細胞に導入することで、核酸未導入の細胞を薬剤処理で除去できます。この度、既に販売中のPuromycin耐性遺伝子 mRNAにBlastcidin耐性遺伝子mRNAとHygromycin耐性遺伝子mRNAを加えて製品のラインアップを充実させました。現在キャンペーン価格で販売中です!
 
 準備中

 

共同研究・事業提携先を募集しています。

右記の分野で共同研究もしくは技術・事業提携していただける企業様やアカデミアの研究室様を募っております。また、我々の事業にご投資いただける法人・個人投資家様も大歓迎です。ご興味がございましたら、info@acernatec.comまでご連絡ください。 
 
準備中